【フリーマーケット】安くても売れない!其の壱

※来場者数の話、飛んじゃいました(;^_^A

フリマは「100円じゃなきゃ売れない!」なんてこと聞いたりもします。

いやいや、そんなことはないですよ。

それどころか、「100円でも売れない」ことがございます。

そんなお話。(ちょっと極論気味です)

もし、フリマで「日本銀行券」や「政府硬貨」が売っていたら。

この商品(お金)はみんな買うんじゃないでしょうか?

でもそんな喉から手が出るほどみんなが欲しい商品(お金)ですが、「100円でも買わない」というケースがあります。

1円玉、5円玉、10円玉、50円玉を100円で売ってる時ですね。

このときに、「100円でも売れないじゃないか!😡他行く!」とイライラするかもしれません。「今日は買ってくれる人いなかったなあ…。また頑張ろう!」と思うかもしれません。

でも他に出店場所を探すことも、また頑張ってみることも有効な解決策ではありません。

リユース品の多くは、皆さんが価格を設定する前にその「相場」という「客観」の中で価格がすでに決まっています。その相場において、10円のものは100円では売れません。1円のものは10円でも売れないんです。(変動することもあります)

価格設定はもちろん出店者の方の自由ですが、「新品で買ったときの金額」から考えてしまったり、「その商品への思い入れ」「自分によるその商品への評価」などを付加させた「主観」によって決められた価格はフリマではなかなか受け入れてもらえないことがあります。

その商品のリユースとしての相場が分かっている・手軽にスマホでリユース相場を調べられる環境にあるお客さんに、そうした価格を受け入れてもらうことはなかなか難しいでしょうし、現在のみやぎフリマの集客では「1円玉や50円玉を100円で買うお客さん」を呼ぶことは非常に困難です。

長く繰り返し出店していればいつかは買ってもらえる日が来るかもしれません。

ですが、開催時間6時間の中で売上を最大化していきたい場合、そのもっとも手っ取り早い方法のひとつとして「開催前の事前準備の中で皆さん自身で価格をリユースの相場と合わせておく」ことは、目標金額を定め、それに見合った会場の選定を行う上でも必須の事項かと思います。※ちなみに、参照していくべきは「売っている価格」ではなく「買われている価格」かと思います。

こうして相場を把握しておくと、値段の交渉がスムーズにいくことにもつながります。

主観的な価格を設定してしまった場合、お客さんからの「もう少し安くならないですか?」などの値段交渉について、あまりいい印象を持たないかもしれません。ですが、ご自身が相場を把握しておくと、お互いがその範囲内で交渉していくことがしやすくなります。

こういう目線を持っておくことは、何もフリマだけで使えるスキルではありません。日常的な買い物の中にも反映されてくるかと思います。

買う時点では「あ、安い!」で買ったとしても、1年後のリユース相場ではさらに安く10円なんてこともあるでしょう。そうなると、「あ~ほぼ使い捨てなんだ」というものが今は結構多いことに気づいたりもするんじゃないでしょうか?

「安くても売れない!」

こうした方は、一度相場と照合してみて価格の見直しをしてみるのもいいかもしれません。

次回は、もう一つの「安くても売れない!」について。

【フリーマーケット】来場者の方は❶❷の方々がいます

みやぎフリマに来てくれるお客さんは大きく2つに分かれます。

❶ みやぎフリマを目指したお客さん(開催予定を知っていて来たお客さん)

❷ たまたまやってたから来たお客さん(開催予定を知らなかったお客さん)

です。

この❶❷のお客さん以外はいません。(当たり前)

❶の方々❷の方々
道の駅おおさと最大値は来場者指数
サンデー仙台卸町店最大値は来場者指数
ベルサンピアみやぎ泉最大値は来場者指数
利府ハウジングギャラリー最大値は来場者指数

3月開催の「道の駅おおさと」は❶のお客さんと❷のお客さんで構成されます。

❶だけでもないし、❷だけでもありません。

❶+❷です。

まずは❷のお客さん。

この方々は、3月4日、もしくは5日に道の駅おおさとでフリーマーケットがあることを知りません。このホームページもInstagramも見たことがありません。今、どんなに広告を出しても伝えることができません。出店される皆さんが出店しているのを、当日お店の前を通るときに初めて知る方々です。

対して❶のお客さん。

この方々は、3月4日、もしくは5日に道の駅おおさとでフリーマーケットがあることを知っています。すでにホームページやInstagramを見ていますし、当日までにどちらかを見ている方々です。出店される皆さんの出店情報を今のうちから事前に伝えることができるのはこの方々です。

❶の方も❷の方も当日会場に来てくださる方々ですが、「会場に来るまでの過程」がまったく違いますよね?

出店者の方におかれましては、まずはこの❶の方々と❷の方々の違いを、しっかり切り分けて考えていくとよいかと思います。

次回は、「みやぎフリマ開催履歴から見る❶❷それぞれの方々の人数の算出方法」

余談ですが、「ベルサンピアでやるの?人来ないんじゃない?」「グランディーでやれば?人来るでしょ」はたまに言われてましたが、❶❷をしっかり切り分けて考えてないとそういう考え方になります。❶のお客さんを呼べれば来る(ベルサンピア)し、❶のお客さんを呼ばなければ来ない(グランディ)からです。「あまり❷のお客さんがいないベルサンピアでやるから人が来ない」わけではありませんし、「有名なグランディでやるから人が来る」わけではないんですね。

~来場者の方へ~

いつも書いている内容が「出店者の方向け」に偏っておりますが、それは「売れるフリーマーケット」を作っていきたいからです、多分。(無意識にそっちに偏ってます。)

でもですね、これはいつも思ってることですが、出店者の方の「売れた」の反対にあるのは、常に皆さんの「買えた」なんですね。「売れなかった」の反対はもちろん「買えなかった」です。

「買えたフリマ」と「買えなかったフリマ」、どっちに「また行きたい!」と思ってもらえるかと言えば、「買えたフリマ」なんじゃないでしょうか。

皆さんの「買えるフリーマーケット作り」でもありますので、なにとぞお許しくださいませ。

【フリーマーケット】出店料を皆さんの売上の10%に

ちょっと前にも書きましたが、これがうちの一つの目標です。

このあたりをわかりやすく表にしますと、こう↓なります。

出店料売上の目標金額
出店料¥5,000 のフリマ¥50,000
出店料¥4,000 のフリマ¥40,000
出店料¥3,000 のフリマ¥30,000
出店料¥2,000 のフリマ¥20,000みやぎフリマ
出店料¥1,000 のフリマ¥10,000みやぎフリマ
出店料¥500 のフリマ¥5,000みやぎフリマ
出店料¥0 のフリマみやぎフリマ

みやぎフリマでは、皆さんの出店料における1,000円の負担の違いは、売上においては10,000円と考えています。

出店料が1,000円あがったら1,000円多く売れればよい、ではないんですね。

売上だけを中心に考えた場合。

例えば、10,000円を手元に残したい場合、その企画の出店料別にみると

出店料売上割合
出店料¥500円 のフリマで売上が10,500円 だと4.76 %
出店料1,000円 のフリマで売上が11,000円 だと9.09 %
出店料2,000円 のフリマで売上が12,000円 だと16.7 %
出店料3,000円 のフリマで売上が13,000円 だと23.1 %

手元に残る金額はどの企画においても確かに1万円ですが、売上に対する出店料の割合はどんどん高くなっていきます。

どんな企画もたいがいこの出店料はかかりますから、「売上金額」だけを見るのではなく、「売上金額に対する出店料の割合」を中心して考えていくと、目標金額を下げることも可能になります。

単純に「売上」か、「売上に対する出店料の割合」か、どちらの考え方を採用するかは皆さんの選択ですが、1年に1度、毎年春と秋で1回ずつなど中長期的な目線でフリーマーケットへの出店をお考えの場合、出店料というコストの割合を考えておくことも重要だと考えております。

ただ、交通費や金銭面以外のコスト(頭脳・体力・時間・精神)は一定でかかりますから、そのあたりは皆さんの工夫次第です。交通費はフリマ出店のコストと考えず、レジャーやドライブ、旅行のコストとして考えている方もいらっしゃいます。

中には値付けや商品の積み込み、商品のディスプレイなどの効率化を積極的に図っている方もいます。コストを「金銭」という側面だけでなく、「5つトータル」で考えているんですね。

2023年みやぎフリマでは、土日で出店料に差をつけていきます。

3月期の開催は500円と1,000円で行きますので、上手に選んで組み合わせていってください。

初回出店の方は出店料が1ブース分無料です。

よろしくお願いいたしますm(__)m

【フリーマーケット】出店予約数を伝えるということの意味

みやぎフリマではその企画の出店予約数をあらかじめ伝えるようにしています。

この「あらかじめ」というところがポイントです。

「来てからわかる」「行ってからのお楽しみ」では遅いんですね。

特に出店数が少ない時。

例えば、「募集数80ブース!」での看板を見て、「80ブースのフリマに行きたい」と考えている人がいるとしましょう。

でも実際行ってみたら20ブースしか出ていない企画にその人が行ってしまったとき、次回の「募集数80ブース!」はもう20ブースにしか見えなくなります。

でも、「募集数80ブース!でも予約数は20ブース!」であれば、その人はその企画に行かなくて済むんですね。

つまりは「わざわざ出かけたのに」という失敗経験を積まなくて済むんです。

この経験は、「あそこは出店数が少ないんだよなあ」という思い込みを作っていきます。宮城のフリマ通の方ならご存知でしょうが、そうやって成立するのが難しくなっていく企画もありますよね?

こうやって思い込みが蔓延してしまった企画は、「ある日突然80ブース集まった」となっても人は来ません。

なのでうちは「少なくても」予約数を公開しています。出店数が少なくて来ない人が多いなら、多くの方が出店しやすくしていけばよいわけで、そういう工夫はしていきたい。

まあ、「そもそも募集数の80ブースが少ない」という方もいらっしゃるとは思いますが(;^_^A

うちは今年土曜日開催ってのをやっていこうと思っています。(今のところ)

ここでのお客さん側の思い込みは「土曜日って出店数少ないんだよなあ」となるわけですが、そこの実数を伝えていくことでどうなるかはちょっと見ていきたいですね。

あとは、この「少ないからやめとこうかな」と多くの人が思う土曜日の企画に来る少数のお客さんは、相当フリマが好きな人でしょうから、そのあたりのことを考えても土曜日の企画と日曜日の企画はまたちょっと違うものになる気もしております。

そこに実際の来場者数も伝えていきながら、出店者の方がきちんと見通しを持って出店できて、土曜日の企画もきちんと成立していけるようにやっていこうと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

フリマにおけるお客さんの行動の「課題分析」

1フリーマーケットの開催情報を得る
(いつ・どこで・何ブース出店しているのか・どんなお店が出店しているのか等)
2会場まで移動する(自家用車・公共交通機関・徒歩等)
3フリーマーケット会場入り口まで移動する
4アルコールで手指消毒→来場者数計測を行う
5各お店を見て回る
6立ち止まる
7品物を手に取る
8「これください」といって品物をみせる
9料金を払う
10品物を持ち帰る

複雑な行動や、いくつもの行動がつながって一連の行動になっているものを個々の構成要素に分けることを「課題分析」と呼びます。

上記は「みやぎフリマを目指してきたお客さん」の行動を大まかに時系列に沿って並べただけですので厳密には課題分析とは呼ばないのでしょうが、少しイメージが湧きやすくなったのではないでしょうか。

お客さんの【9】【10】の行動が起こると、出店者の方にとっては「売れた!」となるわけですが、見ていただくと分かる通り、その前に【1】~【8】のプロセスが必ず必要です。

このプロセスなしで【9】【10】の行動は起こりません。

【6】【7】【8】周辺の行動は、「値段の表示の有無」「品物がどのように並べてあるのか」などの条件によっては、お客さんがとるべき行動がより複雑になります。

季節による「暑い」「寒い」も影響するでしょう。

とりあえずご参考まで。

あ、あけましておめでとうございます(^^)/

皆様、良いお年をお迎えください★

昨年中はみやぎフリマ企画へのはご出店・ご来場、本当にありがとうございました。

なんせ屋外での催しものですから中止も多くなかなか苦労いたしましたが、なんとか1年乗り切ることができました。

うちが来年もやることはたいして変わりもせず(;^_^A、

フリーマーケットでの「モノを売る」「モノを買う」という行動がより起こりやすい環境を提供していくということでしょうね。

そのためには「売れた」「買えた」という成果だけに目を向けるのではなく、開催情報を知るところから始まって、実際の購入場面での「これ下さいな」というゴールまでのプロセス全体に目を向けながらみやぎフリマとしてやれることをやっていければいいかなあ、と思っております。

で、願わくはそういうフリーマーケットのプロセス全体を、出店される方や来場される方みなさんと共有していけると、なんか面白いものできそうだよなあとは思っておるんですがね。

来年もよろしくお願いいたします。

みやぎフリマ

『KHBフリマ』が宮城県から消えてしまったことによる影響を考える

先日は仙台フリーマーケットへのご来場・ご出店、ありがとうございました!

仙台フリーマーケットの総括を書いてましたが、うまくまとまらず(;^_^A

ちょっと一部抜粋して先にコチラ。

*******************

*

開催情報をどれだけ多くの人に伝えるか?でみやぎフリマが主に使用している方法が以下の2つです。

方法情報を受け取る側の行動
❶ホームページに掲載自分で検索(主体的
❷広告の配信情報が自動表示(受け身的)(Instagramでの広告。各企画平均15,000人ほど)
『情報を受け取る側』の行動から考えていくと、❶と❷は全くの別物です。

『みやぎフリマの集客』部分が増えてきた要因として

❶ホームページに載せることによって自分で検索した方々の目に留まるようになってきたこと❷Instagram広告により多くの人に企画の情報が届くようになったことが非常に大きいと考えています。

ですが、❶と❷は情報を受け取る側の行動から見ていくと全くの別物です。

❶は『主体的に調べる』ことによってようやく情報を得ることができます。少なくとも『フリーマーケット』のワードは入力しないと、うちのホームページは皆さんのスマホやパソコンには現れません。

❷はスマホやパソコンでInstagramを開くと自動的に情報が飛び込んできますから『受け身的』です。テレビCMなんかと同じですね。

で、思ったのが宮城県から『KHBフリマ』がなくなったことの影響。

❶だけでは思うように情報が広がりません。つまり新規ユーザーが増えにくい。現在、グランディフリマをはじめとした宮城県のフリマ主催者の多くはここです。

でも宮城県にも❷の広告を出しながらやっていた主催者がいました。これがKHBフリーマーケットですね。しかもテレビでの広告ですから相当な人数が見ていたはずだし、その対象は全年齢に及んでいたはずです。うちのInstagram広告で15,000人なんて比較にならないと思います。

そうやって、宮城県の人にテレビのチカラで『フリーマーケット』というワードを伝えてきたのが、『KHBフリマ』でした。その広告効果で『フリマの新規ユーザー』は1年に1回、爆発的に増えてきていたんじゃないかなと思います。

その『フリマユーザーを爆発的に増やしてきたKHBフリマが宮城県から10年近く消えてしまっている』という影響は相当じゃないでしょうかね?

『KHBフリマ』がなくなった時期と重なるようにして台頭してきたのが『グランディフリマ』ですが、グランディフリマは新規ユーザーを増やす『広告』ではなく、ホームページを使ったリピーターへの『告知』でやってきています。この方法だと、繰り返し同じ人に情報を伝えるだけですから数は増えません。よくて横ばいでしょうね。

そうした宮城県のフリマの現状が、今年5月、『宮城で一番有名なグランディフリマがシーズン真っ只中でも150ブースが埋まらない』というところに現れているような気がします。

つまりですね、

KHBフリマをテレビCMを入れながら年2回くらいやってくれるとフリマユーザーがめちゃくちゃ増えて、主体的にWEB検索する人が増えるんじゃないかなあなんて思ってます(;^_^A

ちなみに。

ここで言う『KHBフリーマーケット』はKHBが主催のフリマでございます。

『KHBとかって書いてあったから行ったんだけどさ』なんて話を聞きますが、それ『後援』とかじゃなかったですか?

→ 「主催」「協賛」「協力」「後援」の違い

仙台フリーマーケット総括はまた後日(‘◇’)ゞ